腰痛は原因によって大きく2つに分けられます。ひとつは骨折や椎間板ヘルニアといった、レントゲンや医学的検査で原因が分かる腰痛で、これを「特異的腰痛」と言います。もうひとつは医学的検査では原因が分からない腰痛で「非特異的腰痛」と言います。

知らない方がおおいのですが、病院に行って腰痛の診断を受けたとしても、この原因の分からない腰痛が全体の85%以上を占めます。

つまり、医者は大半の腰痛を原因が分からないまま治療しているのです。

そのため多くの場合、病院では原因に対しての治療を受けることができず、痛みを抑えるためだけの内服薬や湿布薬が処方されるのです。

腰痛の原因や根本的にどう治すかなどを院長の著書「腰痛を根本から治す」(宝島社刊)で詳しく解説しています。

腰痛を根本から治す 宝島社刊 竹谷内康修著

腰痛の発生源は?

腰とは、背中側の肋骨の下縁から、お尻の下縁までの範囲を指します。そこになる組織が腰痛の発生源となります。

代表的な腰痛の発生源は、筋肉、筋膜、仙腸関節、椎間関節、椎間板、骨(腰椎、骨盤)です。時として、腎臓などの内臓や、皮膚も腰痛を引き起こします。

腰には実に多くの組織が集まっていて、それぞれが痛みの発生源になるため、どこから痛みが起きているのかを診断するのは、とても難しく、深い知識と豊富な臨床経験が必要になります。

カイロプラクティックの腰痛検査

カイロプラクティックでは医学的には原因の分からない腰痛をもっと詳しく“カイロプラクティック的”に分析します。

整形外科との一番の違いは、背骨の関節や筋肉の状態を手で直接触る「触診」を丹念にするところにあります。

痛みの原因が骨や関節にあるのか、筋肉にあるのか、あるいは神経にあるのかを触診や筋力検査などの様々な徒手的な検査方法によって鑑別します。

また、体のバランスや背骨のカーブ、猫背などの不良姿勢の問題をチェックします。背骨全体をチェックして腰痛の原因となっている部位を特定するので、適切な治療を行うことができるのです。

姿勢と腰痛の関係

普段の姿勢が腰痛の原因となっていることが実は多くあります。なかでも座っている姿勢が腰痛に最も関係し、良くない座り方は腰椎と骨盤の関節に負担をかけます。

例えば立っているときに比べ、座っている状態では1.4倍、悪い座り姿勢では約2倍の負担が腰の椎間板にかかると言われています。

もし悪い座り姿勢を毎日何時間も続ければ、立っている時の2倍近い負担をかけ続けることになり、確実に腰の状態を悪化させてしまいます。

また、立っている姿勢で腰は前に軽く反っているのが正常ですが、女性でハイヒールを履くことが多い方では、その反りかえりが強まってしまいます。

正常以上の反りかえりは腰の関節や筋肉に負担をかけ、その状態のまま通勤、買い物などで長時間立っていると腰痛が起こってしまうことがあります。

カイロプラクティックによる腰痛の治療

良くない姿勢などで背骨の関節に悪いクセが付いてしまうと、自分で運動やストレッチをしたり休息をとったりするだけでは、元の正常な状態に戻らなくなってしまいます。

カイロプラクティックでは姿勢の検査と触診、さらには筋力検査などによって腰痛の原因となっている関節を探し出し、そこを矯正することで正常な状態に戻します。

また、腰痛の原因となっている関節には、関連の深い筋肉があり、多くの場合はその筋肉が硬く凝って、弱くなっています。

関節の矯正だけでなく、関連のある筋肉の治療を加えることで、より早く、根本から腰痛を治すことができます。

腰痛が一旦収まった後は、正しい姿勢のアドバイスやストレッチなどのセルフケア指導によって再発を防止します。

ストレッチによる腰痛のセルフケア

腰痛のセルフケアでよく行われるのが腰周りのストレッチです。

そのなかで最も大切なストレッチの一つは、ハムストリングのストレッチです。ハムストリングは太ももの裏側にありますが、固くなってつっぱると、お尻に痛み引き起こします。

ラジオ体操でも行うように、開脚して膝を伸ばしたまま太ももの裏側を伸ばす要領で行います。数秒から30秒程度保持しましょう。一日のなかで繰り返し行ってください。

椅子に座ったまま行うハムストリングのストレッチ

もう一つ大切なストレッチは、腸腰筋のストレッチです。腸腰筋は腰椎や骨盤を支え、股関節を曲げる働きをする非常に重要な筋肉です。

腰痛患者さんのほとんどに腸腰筋の機能障害が見られます。腸腰筋のストレッチの方法は、両足を前後に大きく開き、前足の膝を曲げながら、上半身を前へ移動させつつ下げて行います。

後ろ足のほうの鼡径部が伸びたように感じれば腸腰筋が伸びているのでOKです。数秒から30秒程度保持しましょう。デスクワークの合間などに日に数回行うと効果的です。

椅子を使った腸腰筋のストレッチ

症例1 30代男性 デスクワークで生じる腰痛

症状

20代よりパソコンを使った仕事を主にしているが、5年前より長時間座った後に腰痛を感じるようになった。

ここ1年で腰痛を感じる回数が増えてきており、朝起きた後や通勤中の電車で立っているときも腰が辛くなってきた。

体の状態

通常は前にカーブしている腰椎(腰の骨)が若干後ろにカーブしており、腰への負担が増大していた。

座っている時の姿勢が悪く腰を丸めてしまい、その状態で背骨の関節が固まってしまっていた。立ち上がった後も腰の後ろカーブのクセがついているため、正常な前カーブが作れない状態になっていた。

治療

腰椎の前カーブができるように、背骨の関節を矯正した。腸腰筋が固まっていたため、手技でゆるめる操作をおこなった。

また、腸腰筋のストレッチも指導した。3回(約2週間)の治療で腰のカーブが改善し、立っている時の痛みが軽減した。

座り姿勢の悪いクセがあったため、正しい座り方のアドバイスを行い、長時間のデスクワークによる腰痛を予防している。

コメント

座り姿勢の問題による腰痛は、最近非常に多くみられます。

立っている時間よりも座っている時間の方が長い現代の生活では、ストレッチなどの体操や運動を行うことも大切ですが、座っている姿勢を改善することがより重要になります。

カイロプラクティック治療により固まってしまった関節の動きを正常化し、腰への負担が少ない正しい姿勢ができるようにした上で、正しい座り姿勢をとるように努めると、腰痛の改善や予防に効果的です。

まだ若いうちの20代、30代から腰への負担をかけないようにすると、中年以降の腰痛や関節の変形を予防することにつながります。

腰痛を予防する椅子の座り方

座っている時は立っている時の1.4倍のストレスが腰にかかっています。悪い姿勢を続けると更に多くの負担がかかりますので、特にデスクワークの方は正しい座り方を覚えましょう。

まずお尻は背もたれに密着するように座ります。背筋を伸ばし、軽く顎を引きます。そして背もたれにしっかりよりかかります。

両足はきちんと床についた状態にし、椅子が高すぎる場合は、足元に台を置くか座面を下げるかして調整しましょう。浅く座りすぎたり、足を組んだりすると姿勢が崩れる原因になりますので、極力避けましょう。

座りっぱなしや同じ姿勢を続けるのも腰に負担をかけます。30分から1時間に1回は立ち上がって座り直すか、歩き回りましょう。

症例2 50代男性 ゴルフの後に悪化した腰痛

症状

ゴルフの練習中に腰から殿部に違和感を覚えた。その日は大丈夫であったが、翌日起き上がれない程の腰痛になってしまった。腰を前に曲げたりくしゃみをしたりすると痛みが激しくなる。

体の状態

腰椎の動きが悪くなっており、腰を支える腸腰筋(お腹の奥の筋肉)と背筋(背中側の筋肉)が異常に硬く、バランスを崩している状態。

治療

動きの悪くなった腰椎の矯正をおこなうことで、腸腰筋と背筋の過剰な緊張が改善された。初回の治療で腰をかがめてくつ下がはける程度に改善し、3回目の治療で腰痛はほぼ解消された。

コメント

この方のように腰を屈めたり捻ったりした時に違和感があったら、ぎっくり腰寸前の状態である可能性があります。

この時、背中~腰へのマッサージを行うと腰痛が悪化することがあるので注意が必要です。まずはカイロプラックティックによる適切な検査と治療を受けることをお勧めします。

ゴルフが腰痛の原因になる?

ゴルフをすると腰痛がひどくなると言って当院へ多くの方が来院されます。それではなぜゴルフをすると腰痛になりやすいのでしょうか。

まず、スウィングをする時に腰椎が過度な軸回旋を必要とするためです。それだけではなく、ボールを拾う時にも中腰姿勢になり、腰に負担がかかります。

もちろん他のスポーツよりも高齢者のプレーヤーが多いという事も関係しているとは思いますが、どうしてもゴルフは腰を痛めやすいのです。

正しいフォームができていない場合、更に腰に負担がかかりますが、正しくプレイしていても日常生活に比べ体をひねる動きが大きいため、腰への負担は避けられません。

その結果、腰のトラブルが生じやすくなります。

少しでも腰を痛めないためには、日頃から腰を支える腸腰筋や背筋をストレッチし、ゴルフの前にも準備運動をしっかりして緊張を取る事が大切です。

予防に努めても腰痛になってしまった場合は、カイロプラクティックを利用し体のバランスを整える事が腰痛を治す一近道です。

症例3 40代女性 10年以上繰り返す慢性の腰痛

症状

10年前、引っ越しをする際に掃除をしている時に腰が痛くなり、整形外科で湿布をもらって改善した。

それ以来、疲れると腰痛が起こるようになってしまった。

心配になり、整形外科でレントゲンを撮ってもらったが、骨には異常がないと言われた。3か月前に家事を行っている時に、再び腰やお尻の痛みが出て、一向によくならないため来院した。

体の状態

座り姿勢を見ると、腰が丸まって猫背になっていた。両肩が前に出ていて、典型的な不良姿勢であった。

腰からお尻にかけての筋肉が硬くなっていて、首や肩の筋肉も凝っていた。触診で腰椎の一つ一つの骨の動きを調べると、かなり硬くなっていた。

不良姿勢で腰への負担が大きくなっていることと、筋肉の持続的な緊張により、背骨に過度な負担がかかっていることが腰痛の原因になっていると考えられた。

治療

凝り固まった筋肉を緩める手技治療を行った上で、動きの悪くなっている腰や背中の背骨のカイロプラクティックによる矯正を実施した。

筋肉が柔らかくなり、背骨の動きが回復することで、猫背だった姿勢がよくなった。

2週間で3回治療したところ、腰痛は半減し、6回の治療でほぼ症状が消失した。現在は1~2カ月に1回のメンテナンス治療で腰痛を予防できている。

コメント

この患者さんの腰痛の原因は、姿勢の悪さに加え、筋肉が緊張しやすい体質にありました。

緊張しやすい体質の人は、筋肉が縮んで固まり、凝りを起こしやすいだけでなく、背骨を押しつぶす力が働いて、背骨にある関節も傷めやすくなっています。

正しい姿勢をとるように気を付け、筋肉を緩めるストレッチなどのセルフケアを習慣にするとよいでしょう。

カイロプラクティックの治療は、痛みがあるときにも有効ですが、筋肉や関節を健康に保つメンテナンスにも役立ちます。