院長の詳細プロフィール

院長 竹谷内 康修 Takeyachi Yasunobu

整形外科医

詳細プロフィール

手で腰痛や関節通などを治療することを生業とする一家に生まれる(後述)。世田谷区上祖師谷で幼少期を過ごし、その後、調布市で育つ。私立駒場東邦高校卒業(34回生)。

2000年3月東京慈恵会医科大学卒業。

2000年4月に腰痛治療で先進的医療を行っている福島県立医科大学整形外科学講座へ入局。

腰痛治療の第一人者である菊地臣一先生(国際腰椎学会元会長、福島県立医科大元学長)に師事。

福島県立医大附属病院、総合保原中央病院(現、北福島医療センター)、福島第一原発のすぐ近くにあった福島県立大野病院(現在は閉鎖)等で整形外科の診療に3年間携わる。

2003年アメリカ合衆国へ留学。ナショナル健康科学大学(イリノイ州シカゴ近郊)で3年間学ぶ。

2006年8月に日本人で初めて同大を首席で卒業しDoctorの称号を取得(後述する院長の父も同大を1968年に卒業)。

2007年3月、東京都中央区八重洲に竹谷内脊椎クリニックを開設。2012年2月に診療所名を竹谷内医院に変更した。

2017年11月、ビルの建て替えのため中央区八重洲から現在の所在地である東京駅から徒歩4分の日本橋へクリニックを移転。最寄り駅がメトロ京橋駅から日本橋駅へと変わった。

当院での診療に加え、2006年11月から2010年3月まで、福島県立医大の関連病院、星総合病院(福島県郡山市)にて整形外科の外来診療を非常勤で行なった。

2011年4月から都内別の診療所で整形外科の一般外来を非常勤で担当。

これまで著作活動を積極的に行い腰痛、腰部脊柱管狭窄症、首の痛み、肩こり、頚椎症、変形性膝関節症に関する著書を十数冊出版している。

著書の「その腰痛、ほうっておくと脊柱管狭窄症になりますよ。」は、点字訳されて眼の不自由な方に活用されているほか、「首の痛みは自分で治せる」は中国語に翻訳され、台湾で販売されている。また、テレビや、読売新聞をはじめ各種雑誌、日経Goodayなど多数のメディアで健康関連のトピックを分かりやすく解説している。

趣味・スポーツ歴・嗜好

趣味は自然を楽しむ旅行。米国留学中に10か所以上の国立・国定公園に行った。ヨセミテ(ページ下部に写真あり)、グランドキャニオン、イエローストーン、ロッキーマウンテンなど。子供の頃から自動車好き。スポーツは、中学、高校、大学時代に水泳部に所属。専門はブレストストローク。お酒はたまに飲む程度で、根っからの甘党。現在は仕事と小さい2人の男の子供たち(平成23年と26年生まれ)の相手で自分に割く時間が無いのが悩み。

院長のプライベート風景

受診時に緊張してしまう患者さんがいらっしゃいます。院長の日常の姿を見て、緊張を和らげる助けになればと思います。

留学中に行ったヨセミテ国立公園。大自然の風景に圧倒されました。

車好きです。米国の知人に乗せてもらった1960年代のマスタング。

根っからの甘党。食べすぎないように我慢するのが大変です。

小さな息子たちの子育てに四苦八苦しながらも楽しんでいます。

院長一族の歴史

竹谷内 米雄 / 1907~1975

祖父の米雄(よねお、故人)は日本の徒手療法界のパイオニアで、昭和24年に港区北青山に治療院を開設し、多数の弟子を育てた。また業界団体の会長を務め、普及に尽力した。

竹谷内 一愿 / 1943~2012

父、一愿(かずよし、故人)は祖父米雄の跡を継ぎ、米国へ1964年に渡った。そしてイリノイ州シカゴ近郊のナショナル健康科学大学(旧NCC)へ留学。第二次大戦後に日本人で最初に専門大学を卒業した。さらに父一愿は祖父米雄の後継者として業界団体の会長を19年間務め、発展に大きく貢献した。1995年に開設された日本で初めて大学教育を行う豪州公立RMIT大学日本校(現、TCC)の設立に尽力し、晩年にはTCCの副学長を務めた。父一愿の功績が世界で認められ、WFCから1995年に栄誉賞を授与された。