カイロプラクティックとは

カイロプラクティックは、主に背骨を手で矯正して症状を改善する治療法です。背骨には、2つの大切な役割があります。1つ目は、体を支える大黒柱としての役割です。背骨は重い体を支え、なおかつ動くという難しい役目を果たしています。背骨が加齢や悪い生活習慣でゆがんだり柔軟性が低下したりすると、痛みの原因となります。

背骨の2つ目の役割は、神経の通り道であることです。背骨の中には脳から続く脊髄が通っています。そして背骨を通る脊髄から神経が分かれて全身にゆきわたります。背骨に過剰な負担がかかったり、神経の通り道が狭くなったりすると、神経の流れが悪くなって様々な症状を引き起こします。カイロプラクティックは、背骨を健康にして症状を解消する治療法なのです。

世界に広まるカイロプラクティック治療

カイロプラクティックは、80以上の国と地域に普及している世界に認知された治療法です。国連の世界保健機関(WHO)は、カイロプラクティックをヘルスケアの一つとして認めているだけでなく、カイロプラクティックの知識・技術を取得するには4年間の大学教育が必要であるという指針を出し、カイロプラクティックの正しい普及に尽力しています。日本には残念ながら法律がまだ無く、誰でもカイロプラクターになれるので、患者さんのためにも政府による何らかの対策が望まれます。

カイロプラクティック治療の流れ

問診

現在の症状、過去の病気や治療歴、生活習慣などを詳しくお聞きします。

医学的検査

神経学的検査、整形外科的検査等をします。レントゲン・MRIが必要な場合は提携先医療機関にて行います。

カイロプラクティック検査

姿勢検査、触診などカイロプラクティック特有の検査をします。

説明

医学的診断、カイロプラクティック診断や治療法をご説明します。

治療

病態に合ったカイロプラクティック治療を行います。

アフターケア

日常生活の改善、エクササイズやストレッチなどをご指導し、より早い回復と再発予防を目指します。

コンサルテーション

医学的視点から外科的治療が必要と診断した場合などでは、専門医療機関をご紹介し、最適な治療を受けられるようご案内します。

カイロプラクティックの各種治療法

アジャストメント

カイロプラクティックでは、いわゆる骨格矯正の手技をアジャストメントと呼びます。アジャストメントでは、背骨や四肢の関節を瞬間的に動かします。瞬間的にそしてごくわずかに骨を動かすため、患者さんはほとんど痛みを感じません。アジャストメントには、関節の動きを向上させ、骨のゆがみや配列を正す効果があります。また、関節にある神経に刺激が加わることで痛みやこりなど種々の症状が軽減します。

Coxテクニック

Coxテクニックとは、米国人カイロプラクターのDr. Cox(コックス)が開発した特殊なテーブルで行う腰椎の屈曲牽引療法です。当院では、日本に1台しかない米国Zenith社製の多機能型Flexionテーブルを使って、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアに顕著な効果を上げています。腰椎部でテーブルは屈曲し、さらに下半身を載せた台が足の方へ動くので、腰椎が曲がってさらに伸長します。すると圧迫された神経が除圧されて坐骨神経痛が改善します。

軟部組織テクニック

軟部組織とは、筋肉、靭帯、皮膚などの体の柔らかい部分を指します。筋肉や靭帯に疲労が溜まって硬くなると、背骨や四肢の関節は正しく動くことができません。また筋肉が硬く縮んだ状態では、関節を圧迫して痛みの原因となります。そのため当院ではアジャストメントという関節の矯正法に加え、筋肉、靭帯、皮膚を効果的にゆるめるストレッチやトリガーポイント療法なども行っています。

エクササイズ

現代の生活は、デスクワークをはじめとして体をあまり動かさないようになってきました。それによって筋肉が衰えて弱くなると、関節が異常な動きをするようになり、関節に過剰な負担をかけるようになります。それがやがて痛みとなってあらわれます。当院では適切なエクササイズを積極的にお伝えし、治療に結びつけると同時に再発の予防にも役立てています。

予防のための生活指導

私達はかがんだり、体をよじったり、日常の何気ない動作によって骨や関節に負担をかけています。また、長時間のデスクワークやパソコン作業で続ける姿勢は首や腰をさらに悪くします。正しい動作や姿勢を知ることで、煩わしい症状を予防したり、解消したりすることができるのです。体に負担をかけないパソコン作業、腰痛にならない家事の方法など、当院は再発予防に関する生活指導にも重点を置いています。

カイロプラクティックの適応

  
首の痛み、肩こり、頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、ストレートネック、頭痛、緊張性頭痛(緊張型頭痛)、片頭痛、むちうち(鞭打ち)、胸郭出口症候群

 腰・背中 
腰痛、慢性腰痛、ぎっくり腰、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、側弯症(側彎症)、梨状筋症候群、妊婦・産後の腰痛、背中の痛み、猫背

 手・腕 
腕の痛み・しびれ、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)、手根管症候群、肘部管症候群、腱鞘炎

  
四十肩・五十肩、肩インピンジメント症候群

 膝・股・足 
膝痛・股関節痛などの関節痛、足底腱膜炎、足のしびれ

 その他 
胃もたれ、便秘、生理痛、顎関節症、慢性疲労、冷え症、ストレス疾患など