【執筆者】整形外科医 竹谷内 康修 

慈恵医大卒。福島県立医大整形外科に入局。米国のナショナル健康科学大学でリハビリ技術を習得。2007年東京駅の近くで開業。著書・マスコミ掲載多数。

最終更新日:2021年2月4日 公開日:2021年2月1日

お尻が痛い人はこんなお悩みありませんか?

お尻が痛い

・歩くと痛くなる
・デスクワークで座りっぱなしだとお尻が痛い
・妊婦のお尻の痛みの原因を知りたい
・自転車をこいでいるとお尻が痛くなる
・排便のときに肛門が痛い
・座るとお尻のできものが痛い

お尻が痛い人の原因

あなたのお尻が痛い原因が分かれば、効果的な対処や治療法が見つかります。お尻の痛みの主な原因を列挙します。

・腰痛(腰椎の障害)
・坐骨神経痛
・仙腸関節障害
・股関節障害
・肛門の病気
・お尻の皮膚のできもの

お尻の痛みと腰痛の関係

腰痛

腰椎に障害が発生すると、いわゆる腰の部分の腰痛だけでなく、お尻にも痛みを起こすことがあります。つまり、お尻が痛いときには、腰痛の症状一部である可能性があるのです。腰痛の原因で多いものは、椎間板や椎間関節の障害によるものです。

坐骨神経痛でもお尻が痛くなる

坐骨神経痛

坐骨神経痛は、坐骨神経が圧迫されたり刺激をうけたりすることで生じる腰から足にかけての痛みのことをいいます。具体的には腰痛、お尻の痛み、太もも、すね、ふくらはぎ、足などの痛みです。坐骨神経は腰椎からお尻を通り足のほうへ走っているため、その付近に症状を起こします。坐骨神経痛を起こす代表的な病気は、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、梨状筋症候群です。

仙腸関節障害によるお尻の痛み

仙腸関節障害とは

仙腸関節は、骨盤の後ろ側の真ん中にある仙骨と、その左右にある腸骨との間にある関節です。骨盤は、脊柱を中心とした上半身と、動きの大きい下半身の両方の重さや力を受けるため、負担の大きな場所です。そのため骨盤にある仙腸関節にスポーツや、悪い姿勢でのデスクワークなどで負荷がかかり、障害を起こすことがあります。仙腸関節の痛みはお尻の真ん中が痛くなったり、少し横の仙腸関節付近のお尻が痛くなったります。

妊婦に多い仙腸関節障害

妊婦

妊娠すると、出産に向けて徐々に仙腸関節がゆるくなっていきます。骨盤の後ろにある仙腸関節だけでなく、前側にある恥骨結合もゆるみ、赤ちゃんが産道から出てこられるように骨盤が開きやすくなります。妊婦さんは仙腸関節がゆるくなるので、お尻が痛くなりやすいのです。

股関節障害でもお尻が痛む

股関節

股関節は骨盤の深いところにあり、左右のお尻の窪みの奥に位置します。障害が起きると、前側にも後ろ側にも痛みを起こします。つまり、股関節痛は、鼡径部の痛みや足の付け根の痛みとして現れたり、お尻の痛みとして現れたりします。股関節痛を起こす障害で代表的なのは、臼蓋形成不全、変形性股関節症、関節唇損傷などです。

お尻が痛くなる肛門の病気

痔

裂肛

裂肛は俗に切れ痔といいますが、肛門の出口付近にある歯状線という部位より外側の皮膚が切れたり裂けたりすることをいいます。歯状線の内側の粘膜部分は痛みに鈍感な部位なのですが、その外側には神経が通っているため、切れるとお尻が痛みます。
便秘で硬くなった便や、太い便が肛門を通過するときによく発生します。また、激しい下痢でも裂肛を起こすことがあります。
治療は軟膏や坐薬を使用します。便秘や下痢にならないように食事に注意することも大切です。

内痔核

内痔核とは、肛門の歯状線より内側(直腸側)にできたいぼのことです。排便の際にいきむことで血液がうっ滞し、肛門の粘膜が腫れて出っ張ってきたものです。肛門の粘膜には痛覚が無いため、痛みはあまりありませんが、炎症を起こすとお尻が痛みます。また、大きくなって肛門から脱出することがあります。

治療は初期では薬で治します。内痔核が大きくなってしまった場合は手術で切除します。

外痔核

外痔核は、肛門の歯状線より外側にできるいぼです。これは血まめのようなものなので、血栓性外痔核ともいいます。時として、お尻に激しい痛みをともないます。痛みのわりに治りやすいという特徴があり、何もしなくても数日で痛みが消えて、大抵いぼも無くなっていきます。

肛門周囲膿瘍(痔瘻)

肛門周囲膿瘍とは、肛門の周囲に開口している肛門腺に大腸菌などの細菌が感染し、膿がたまった状態です。よくある症状は、肛門付近の違和感、お尻の痛み、発熱です。治療は切開排膿が基本となります。
肛門周囲膿瘍が悪化すると痔瘻になります。痔瘻とは、肛門の内側の直腸と、外側の皮膚がトンネルでつながった状態のことをいいます。

参考文献:痔の種類について|東海大学医学部付属大磯病院

皮膚のできものでお尻が痛くなるのは?

粉瘤(アテローム)

粉瘤

粉瘤とは、皮膚の下に生じるできものの一種です。背中や頬に多く、お尻にもできます。粉瘤は、小さな袋状の構造物が皮膚の下に生じ、その中に皮脂や皮膚のはがれたものが溜まったものです。白色をした中身が皮膚の穴から出てくると強烈な悪臭を発します。時として細菌が入り込んで化膿し、赤く腫れることがあります。お尻にできた粉瘤が化膿すると、座るとお尻が痛いといった症状を引き起こします。

参考文献:粉瘤|KOMPAS