梨状筋症候群とは

梨状筋症候群とは、梨状筋が坐骨神経を圧迫し、坐骨神経痛を引き起こす病気です。

梨状筋はお尻の後ろ側にあり、仙骨と大腿骨にくっつき、股関節の動きをコントロールしています。坐骨神経は、腰椎部分から始まり、お尻の梨状筋の下を通り太ももの裏側へと伸びていきます。一部の人では坐骨神経が梨状筋を貫通しています。

何らかの原因で梨状筋が強く収縮し続けるようになると、坐骨神経が圧迫されて症状が出ます。

梨状筋症候群の症状とは

梨状筋症候群の症状は臀部痛と、坐骨神経の走行に沿った痛みやしびれです。すなわち、太もも、すね、ふくらはぎ、足の甲、足底、足の指の痛みやしびれです。特に座っているとき、階段の上り下り、ランニングなどのときに痛み、しびれが出ます。腰痛はあまり出ず、お尻が痛いのが特徴です。

梨状筋症候群の診断

梨状筋症候群の診断は難しく、臀部のMRI検査で診断はつきません。梨状筋症候群と同様に坐骨神経痛を生じる腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが無いことを確認するため、腰椎のMRIを行う場合があります。

お尻の怪我、長時間の歩行やランニング、長時間の座位など、発症のきっかけとなるものが診断の参考になります。また、お尻を触診し、梨状筋の部分に強い圧痛があるかどうかも参考になります。お尻の筋肉が引き延ばすような肢位や、お尻が圧迫されるような肢位で明らかに症状が誘発されると診断の助けとなります。

梨状筋症候群の当院での治療

前述のように梨状筋が強く収縮し続けると、坐骨神経が圧迫されて梨状筋症候群を発症します。そこで当院では、梨状筋を緩める整体治療を行い、症状が楽になるのですが、それだけでは梨状筋が強く収縮するようになった原因は解決していません。そこで、根本から治し、再発を予防する目的で、股関節周囲の筋肉の状態を検査します。梨状筋以外の股関節周囲の筋肉が機能不全に陥ったことで、梨状筋に負荷がかかり、収縮し続けてしまっているのです。機能不全に陥っている筋肉をしっかり治療すると、梨状筋へ負荷が減り過剰に収縮することも無くなるのです

梨状筋症候群のストレッチ

梨状筋症候群の筋トレ

梨状筋は、股関節を動かしたり、安定化させたりする働きがありますが、股関節を大きく動かし、そして強く安定化させる筋肉として、中殿筋、大殿筋、腸腰筋があります。その中でも、中殿筋と腸腰筋は弱くなりやすく、股関節の不安定化の大きな原因となります。それにより、梨状筋に負荷がかかって坐骨神経を圧迫するようになるのです。

梨状筋症候群にお勧めの筋トレは、中殿筋の筋トレと腸腰筋の筋トレです。

中殿筋の筋トレは、床に真横に寝て、上の足をまっすぐ伸ばし、ゆっくり20~30センチ持ち上げる動作を繰り返すことで行います。ゆっくり10回を3セットするだけでかなり鍛えられます。週に2、3回行いましょう。

腸腰筋の筋トレは、椅子に背もたれに寄りかかりながら浅目に座り、膝を曲げた状態でゆっくり膝を天井に向かって持ち上げます。ゆっくりと10回行い、3セット続けて行うと、しっかり鍛えられます。週に2、3回行うとよいでしょう。

中殿筋と腸腰筋の筋トレは、とにかくゆっくりとした動作で行うのがポイントです。

梨状筋症候群の病院での治療

梨状筋症候群の病院での治療は、ロキソニンなどの痛み止めの薬や筋弛緩薬などを使います。梨状筋症候群の治療に詳しい整形外科だと、ストレッチなどのリハビリを処方してくれるかもしれません。

梨状筋の下を通る坐骨神経に麻酔薬を注入するブロック注射を行うこともあります。

それでも効果が無い場合は、手術で梨状筋の一部を切り離し、坐骨神経の圧迫を開放する治療を行う場合もあります。ブロック注射や手術は、十分にリハビリ治療を行っても効果が出ない場合にだけ実施すべきです。