【執筆者】竹谷内医院院長 整形外科医 竹谷内 康修 

東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科に入局。その後、米国へ留学しナショナル健康科学大学を卒業。手で行うリハビリ技術を習得。2007年東京駅の近くで開業。著書は「頸椎症の名医が教える竹谷内式首トレ」(徳間書店)、「自分で治す脊柱管狭窄症」(洋泉社)など十数冊ある。

最終更新日:2019年12月13日 公開日:2019年12月13日 

詳細プロフィール  Amazon著者ページ

背中の痛みの症状

一言に背中の痛みと言ってもその範囲は広く、場所や痛み方は様々です。首から肩甲骨にかけてのピリピリとしびれるように痛む、肩甲骨の間がこり固まって重だるい、場所がはっきりせず背中全体に重苦しさがあるなどです。場所や痛み方などから原因を突き止めることが、背中の痛みを改善するためには重要になります。

背中の痛みを引き起こす病気

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア

首の骨から出る神経が、背中の上部や、肩、腕の感覚を脳に伝えます。そのため神経が首の骨の出入り口付近で障害を受けると、肩甲骨の上や肩甲骨の間に痛みやしびれを感じます。痛みを感じる部分を押したりさすったりしている間は痛みが紛れますが、やめると元に戻ってしまいます。首を後ろに反らせたり、寝る時など横になった時に症状が強くなる場合があります。

脊柱起立筋の痛み

背骨の両脇には、背骨を支えるいわゆる背筋があります。悪い姿勢でデスクワークなどを続けていると、頭や上半身の重さを支えるために必要以上に背筋に負担がかかります。また、背骨が左右に曲がっている側弯症があると、背中の筋肉が疲れやすく痛みを感じる方が多くいます。筋肉の疲労が続き、硬結(固いしこりのような状態)になってしまうと、何もしなくても重だるい痛みが生じるようになります。しこりの部分を押すと、じわーっと痛みの範囲が広がって感じるのが特徴です。

肋間神経の痛み

肋骨と肋骨の間には、肋間神経が通っており、背中や胸の感覚を脳に伝えます。また、肋骨は胸から背中にぐるっと周り背骨についています。そのため、背骨の間隔が詰まってくると肋骨同士の隙間も狭くなります。体を動かしたときに、肋骨の隙間を通る肋間神経が挟まれることで、ズキッとした痛みが起こります。肋骨に沿って背中からわき腹に痛みが出るのが特徴です。

内臓関連痛

胃腸など内臓の具合が悪いと、背中に痛みを感じる場合があります。内臓の痛みは体の表面のように、痛い場所を正確に把握することができません。そのため内臓の痛みは、背中など別の場所の痛みとして認識されます。例えば心臓の痛みは左肩の痛みとして、胃の痛みは背中やみぞおちの痛みとして感じます。食事の後で、背中が痛くなるようであれば胃や膵臓など消化器の内臓関連痛の疑いがあります。

背中の痛みの治療法

背中の痛みの原因は、痛みを感じる部分以外の場所に隠れていることが多くあります。そのためマッサージや湿布薬などの対症療法を痛みのある部分に行っても、あまり効果が期待できません。 頚椎、脊柱起立筋、肋骨、胃腸の問題など、背中の痛みの主な原因は姿勢の悪さが根本にあります。

当院の手で行うリハビリ治療では、痛みの直接原因を見つけて治療するだけでなく、姿勢を分析し修正することで、症状の根本改善を図ります。