腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の症状とは、これから解説するように多岐にわたります。また、人によってどの症状が強く現れるかは大きく異なります。その理由は、神経の圧迫部位や圧迫されている程度、神経へのダメージの蓄積の度合いが違うことによります。

腰痛、臀部痛

腰部脊柱管狭窄症は、腰痛や臀部痛を起こします。ただし、腰(腰椎)が悪くなって起こる病気にもかかわらず、腰痛は無いこともあります。そして、腰痛よりお尻の痛みのほうが多く見られます。また、歩くと腰痛や臀部痛、足にかけての痛みやしびれが強くなります。腰痛や臀部痛はあまり出ず、太ももや、すね、ふくらはぎ、足先の症状がメインの方もいます。

坐骨神経痛:足の痛み、しびれ

腰部脊柱管狭窄症のメインの症状は神経が圧迫されて生じる足の痛み・しびれです。この症状は坐骨神経痛とも呼ばれます。具体的には、お尻から太もも、すね、ふくらはぎ、足首にかけての痛みやしびれ、そして足の甲や足底、足の指のしびれです。

坐骨神経痛の発症初期には、すねあるいはふくらはぎだけに痛みが出ることや、足の指だけにしびれが出ることがあります。病状が進行すると太もも、ふくらはぎ、足底など広範囲に症状が広がっていきます。

皮膚の感覚異常

皮膚に薄皮が貼られたような感じ、ガムテープが貼ってあるように感じる、デコボコの道を歩いている、あるいは小石や砂利の上を歩いている感じがするなどの皮膚の感覚異常があらわれます。

また、皮膚を触るとチリチリとした感じがする、触っても何も感じないという症状も現れることがあります。これは、脊柱管を通る馬尾や、馬尾から枝分かれした神経の中には、感覚神経も入っていて、圧迫されると、その感覚神経が障害を受けてしまうことによります。

感覚神経が支配している領域の皮膚に、様々な症状が現れるのです。

間欠性跛行

間欠性跛行とは(間欠跛行ともいう)、歩くと足の痛みやしびれが増してつらくなるけれど、短時間立ち止まったり、座って休んだりすると症状が軽くなり、また歩けるようになるという症状のことをいいます。

立って歩く姿勢および歩く動作は、立っているだけで若干腰が反っていて、脊柱管を狭めて神経を圧迫しやすい上に、歩いて足を前後に動かすと、腰から足へ伸びる神経が牽引され、神経を痛めつけることになります。そして、歩き続けられなくなるほど症状が強くなる原因になります。

座って休む姿勢では、立った姿勢より腰の反りが減って脊柱管が広がるので、神経への圧迫が減って痛みやしびれが軽くなっていきます。家事や買い物、通勤などで長時間立っていると足の痛みで辛くなる場合も座ると楽になるのが狭窄症の特徴です。

間欠性跛行は主に腰部脊柱管狭窄症でみられる症状ですが、下肢の閉塞性動脈硬化症(近年は末梢動脈疾患PADという)でも現れる症状です。

足の脱力感

足に力が入りにくいと感じることも腰部脊柱管狭窄症の症状の一つです。歩くと足がふらつく、膝に力が入らない、膝がカクっと折れるなどの現れ方をします。これは、脊柱管を通る神経が足の筋肉を支配していて、神経の障害の程度が強い場合、筋肉に力が十分に入らなくなってしまうために生じる症状です。

このような症状は、腰部脊柱管狭窄症の重症度が高いサインだといえます。実際に足に力が入らなくなると、転びやすくなり、高齢者の場合は骨折につながるので危険な状態です。

足の麻痺

前述の足の脱力感よりさらに神経の障害がひどくなると、麻痺とよばれる力がほとんど入らない状態になります。

代表的な麻痺は、下垂足です。下垂足は、前脛骨筋に伸びていく第5腰神経の障害で起き、足首に力が入らず、足がダラッと垂れてしまうことを言います。歩くとスリッパが脱げますし、つまずいて転びやすくなります。大変危険なので、装具を足首に装着することになります。

足の筋肉の萎縮

筋肉をコントロールしている神経の障害が強く、また長期間に及ぶと筋肉が次第にやせ細ってきます。筋肉の萎縮があると、たとえ手術を受けたとしても、筋力が回復しない恐れが高くなります。

頻尿、残尿感、便秘などの膀胱直腸障害の症状

・ 膀胱障害の症状

頻尿、残尿感といった膀胱障害に関する症状も馬尾障害ではみられます。高齢者が就寝後に1回トイレに目覚めるのはよくあることです。しかし、今まで夜間のトイレが1回だったのが、2度も3度もトイレに行くようになった場合は、腰部脊柱管狭窄症による馬尾障害の症状の可能性があります。

また、日中にトイレへ行く頻度が明らかに増えた場合も要注意です。膀胱が尿を貯めるために広がることができなくなっていると考えられます。

おしっこをしたのに、全部出切った感じがせず、時間を空けずにトイレに行くと尿が出る場合、つまり残尿がある場合は、膀胱の機能に障害があります。

・ 直腸障害の症状

以前に無かった便秘がある場合、直腸の働きをコントロールしている馬尾に障害が起きていることが考えられます。便秘は腰部脊柱管狭窄症の症状とも考えられるのです。

歩くと尿意や便意を感じたり、勃起したりするなどの症状が現れることもあります。

膀胱や直腸の働きをコントロールする神経は、馬尾を通っているため、馬尾が強く圧迫されると上述のように膀胱や直腸に様々な症状が現れます。これらの症状がある場合、腰部脊柱管狭窄症のなかでも重症な部類に入ります。

会陰部の灼熱感

会陰とは、外陰部と肛門の間の部分を指しますが、そこに灼熱感(しゃくねつかん)が現れることがあります。これは馬尾が強く圧迫された場合の症状です。

肛門周囲のしびれ、ほてり

肛門周囲のしびれやほてりが馬尾障害でよくみられる症状です。

こむら返り

夜間に寝ていると、足が急につってしまい痛くて目が覚めるというのは腰部脊柱管狭窄症でよく見られる症状です。ふくらはぎやすねに、しばしばこむら返りが発生します。神経が圧迫されると、神経から筋肉に異常な信号が入ることでこむら返りが起きるのです。

【関連ページ】

・腰部脊柱管狭窄症とは
・腰部脊柱管狭窄症の症状
・腰部脊柱管狭窄症の分類
・腰部脊柱管狭窄症の治療法

各ページで腰部脊柱管狭窄症の詳細を解説しています。