接骨院、整体とは?

接骨院はカイロプラクティックと混同されがちですが、柔道整復師が開く治療院です。

その名の通り柔道・柔術から生まれ、柔道家が生計を立てるために骨折や捻挫の治療をして、接骨院を開くようになりました。

柔道整復師はほねつぎ・接骨師・整骨師としても知られています。主に打撲、捻挫、挫傷(筋肉、腱の損傷)、骨折、脱臼などの怪我を治療する職種です。

しかし、現実には怪我をした患者さんは整形外科を受診することが多く、接骨院の経営が成り立ちません。

そのため本来は業務外であり、学校で習っていないはずの腰痛や肩こりなど治療を行っているようです。

整体とは、日本国内で発展した治療法で、その起源はカイロプラクティックやオステオパシーなどとも言われています。

整体には各種の流派のようなものがあり、それぞれが様々な治療法を取り入れたり参考にしたりしているようです。

整体には公的な資格制度がなく流派によって考えが大きく異なるため、これが整体であると定義することは難しいようです。

整体はカイロプラクティックの一部の技術を使うこともあるようですが、考え方は全く異なります。

整形外科とカイロはどう違うのでしょうか?

カイロプラクティックと整形外科が扱う病気はかなり共通しています。例えば腰痛、肩こり、五十肩などです。両者の診断法と治療法を説明すると、整形外科は診断に際し、医学的検査(神経学的、整形外科的検査など)とレントゲンなどの画像検査を行います。

カイロプラクティックは整形外科と同様に医学的検査や画像検査も参考にしますが、それに加えてカイロプラクティック独自の検査を行います。

カイロプラクティックで行う独特な検査は、姿勢検査や触診です。姿勢検査では、背骨のカーブの乱れを見て、背骨のどこに過剰な負担がかかっているかなどを観察します。

触診では、医学的検査や画像検査では捉えられない異常を熟練した手の感覚で見つけ出します。関節の動きの悪さや筋肉の異常な硬さ、皮膚の張りや温度の変化を探すのです。

腰痛や肩こりで整形外科にかかると、「レントゲンでは骨には異常はありませんね。」と症状のある部位を見ず、触りもしないことがあります。そして、腰痛や肩こりの原因には触れず、単に症状を抑える作用しかない薬や注射で治療をします。

カイロプラクティックは、上記の様々な検査結果から総合的に判断して腰痛や肩こりの原因を特定し、マニピュレーション、物理療法、エクササイズ処方、生活習慣改善指導など、安全で自然治癒力を生かした治療を行い根本的な治癒を目指します。