右股関節痛とポキポキ音 40代男性

症状:

日本橋にある証券会社に勤務の40代男性が右股関節痛を訴えて来院。半年前からあぐらをする際、右股関節に違和感を覚えはじめた。特に右股関節を外側に開くストレッチ動作でズキッとした痛みが出るようになったため、マッサージやヨガを行ったが症状はなかなか良くならず現在に至った。普段、仕事中は座っていることが多く、右足で足を組むことがよくあるとのこと。日常生活で支障はないが、時折イスから立ち上がるときや、かがむときに右股関節がポキポキと音が鳴ることがある。

検査:

股関節屈筋群がかなり緊張し、特に右股関節内旋、外旋可動域の低下と最終可動域での痛みがみられた。そして、左右の骨盤の高さに差があり、右の骨盤の可動性が低下していた。長時間の座位仕事の影響で、背中が丸い猫背で首がストレートネックの傾向がある。

治療:

今回の症状の原因は、右股関節の柔軟性低下と骨盤の傾きが一番の理由として挙げられます。この方の場合は仕事柄、座位姿勢が多いため股関節屈筋群が緊張しやすく、さらに右足で足を組む癖があるため余計に右股関節、骨盤に慢性的な負荷をかけてしまうことになります。さらに、猫背やストレートネックなどの上半身の問題も改善させなければ、下半身にかかる負担を取り除くことは難しくなります。治療の初期段階として右股関節屈筋群の緊張を緩め、さらに右の骨盤の傾きと右股関節を矯正しました。一回目の施術で右股関節の柔軟性が改善し、3回目の施術でほぼ左右対称の柔軟性に戻りました。また、猫背、ストレートネック等の上半身から股関節にかかる負担を取り除く為に、頚椎と胸椎の矯正を行いました。再発防止のために現在はメンテナンスも含めて月に一回のペースで通っていただいています。

コメント:

今回、症状が慢性化した原因として仕事の作業姿勢が挙げられます。座位姿勢だけでも股関節屈筋群(特に大腰筋)は緊張しすく、さらに足を組むと緊張は強くなります。大腰筋は腰と股関節を結ぶ大事な筋肉です。この筋肉が緊張すると股関節や腰の柔軟性が低下し、ギックリ腰の原因にもなります。さらに、足を組むことで骨盤を傾かせてしまい、症状の悪循環を生んでしまいます。慢性化すると自力のストレッチやマッサージでは改善が難しくなってきてしまいますので注意が必要です。