臀部痛とは

臀部痛は様々な病気や障害で起きます。仙腸関節障害や変形性股関節症などの関節障害、中殿筋、大殿筋、梨状筋などの筋肉痛、腸脛靭帯の炎症、尾骨や坐骨周囲の障害などです。
お尻の場所は7か所に分けることができますが、お尻の痛みの場所から、何が原因でお尻が痛いのかをおおよそ推定できます。詳細は臀部痛の解説ページをご覧ください。

臀部痛を起こす代表的な病気や障害

臀部痛は色々な病気が原因で生じます。臀部痛を起こす主な病気や障害は以下の通りです。

・仙腸関節障害
・変形性股関節症
梨状筋症候群
・中殿筋の筋肉痛
腰部脊柱管狭窄症
腰椎椎間板ヘルニア
・腸脛靭帯炎
・坐骨結節痛
・尾骨痛

臀部痛の治療法

臀部痛の原因は、仙腸関節のトラブルが根本にある場合がとても多いです。 治療は、仙腸関節(骨盤)を高度な手の技術で調整します。また、とてもソフトな技術である関節包内運動という治療を行うこともあります。
変形性股関節症に対しては、股関節にかかる負荷を減らすために、股関節周囲の筋肉を活性化する治療を行います。その上で、リハビリの体操をご指導し早期の改善を目指します。
梨状筋症候群や中殿筋の筋肉痛に対しては、筋肉の凝りを取るトリガーポイント治療や、瞬間的に筋肉をストレッチする治療を行います。
腰部脊柱管狭窄症腰椎椎間板ヘルニアに対し当院で行っている治療は、それぞれのページで説明しています。
腸脛靭帯炎の治療は、腸脛靭帯と連続している中殿筋や大腿筋膜張筋の治療を行ったり、腸脛靭帯へ炎症を鎮めるレーザー光線を当てる治療を行ったりします。
坐骨結節痛や尾骨痛には、周囲の筋肉や靭帯を治療することで痛みを和らげます。当院では痛い部位へレーザー光線を当てる治療を行うこともあります。

臀部痛の治療のまとめ

臀部痛という症状は、様々な病気が原因で起きるので、まずは正しい診断をすることが改善への一歩となります。原因によって、治療法は様々で、可能な限り病気を根本から治すことを目指しています。